アロマについて

これで安心!質の良いアロマの購入方法

rabenda

エッセンシャルオイルは、様々な花、草木、果物からできています。

 

蒸留したり、圧搾したり、色々な方法で芳香成分を抽出しています。

 

そしてびん詰され、売られるわけですね。

 

レモンのオイルは、レモンの香り。

 

ラベンダーのオイルはラベンダーの香り。

 

ミントのオイルは、ミントの香り。

 

と、そのままの香りがしそうなものですが

実際にお店で香りを嗅いだ人は感じたかもしれませんが

 

レモンなのに、スーパーで買ったレモンの香りとは違ったりしませんか?

 

ラベンダーもどうでしょう、ミントはミントの葉っぱの香りはするでしょうか^^;

 

僕はどこかで、エッセンシャルオイルだから植物そのものの香りとは違うんだろうなぁと、勝手な主観で判断していました。

 

良いオイルはレモンを切った時のレモンの香りがします。

 

ですので、良いものは、植物に近い香りがするもんなんですね。

 

柑橘類

 

なので、エッセンシャルオイルの香りが自然か不自然かは元の植物の香りを知っていれば感じれるはず。

 

逆に、それを知らなければ何を基準に自然でオーガニックなエッセンシャルオイルをセラピストは選んでいるのでしょうか。

 

メーカによっては、第三者機関の証明書、成分表を載せていますね。

 

しかし、それはお金を出せば、どうにでもなりますし

 

自作することだって簡単ですので、判断基準になりません。

 

どちらにしろ、資料が作ったものか、本当のものか、消費者には判断する手立てがありませんので、信じるしか無いのですね。

 信じ切らない

ですので、最終的には自分の嗅覚で良し悪し判断するしかありません。

 

では、その基準をどうやって作るか。

 

それは、草木、花の香りを嗅ぐしかありません。

 

実際の香りにエッセンシャルオイルがどれだけ近いのかで判断する。

 

 

ここまでは高山林太郎先生の”誰も言わなかったアロマテラピーの本質”を読んで

なるほど~と思って書いてみました。

 

僕自信も、自分が良い香りだと納得したエッセンシャルオイルを使っています。

 

しかし、自分の納得する良い香りの記憶ってどこから来ているのか

 

その香りの記憶が人工の香りであれば、良い香りと感じたものは

 

自然なエッセンシャルオイルと程遠い結果になりますね。

 8165109346_5377380455_b

生まれてから人工の香りしか嗅いだことしかなければ

 

人工の香りが判断基準に。

 

逆に自然の香りしか書いだ事としかなければ

 

自然な香りが判断基準になりますよね。

 

そのバランスによって、変わってくるのでしょうか。

 

そして、僕は持っているエッセンシャルオイルの植物の香りを殆ど嗅いだことが無いのです^^;

 

柑橘類や一部のハーブ程度。

 

薄々は感じていたけれど、結構いい加減だなと反省しました。。。。

 

ま、ひとまず、ハーブ園に言って香りの記憶を上書きしてきます♫

 

一人で行くのもなんだから、興味のある人を誘ってツアーでもしてみようかな~

 

 

メニュー

予約フォーム

電話ボタン

メール

 

 

渋谷・田園都市線 池尻大橋の貴女好みのアロマで女性専門疲労解消マッサージ

 

こんな方に最適です
・毎日残業でお疲れの方
・アロママッサージが初めての方
・夫婦間でスキンシップが少ない方
・最近、気分が落ち気味な方

 

女性専門疲労解消アロママッサージサロンの男性セラピスト

Ranandaの佐藤勉でした。

2014-08-07 | Posted in アロマについてNo Comments »